シミ対策のケアは寒い時期こそ勝負

シミ対策のケアは寒い時期こそ勝負

シミ対策のケアは寒い時期こそ勝負イメージ

年齢を重ねるごとに

女性の美しさはお肌の美しさに比例する

と実感している方は多いはず。

どんなに顔立ちが整っていても

肌が荒れてシミだらけだと

老けて見えるし清潔感もないですもんね。

キレイな素肌を保つためには

紫外線対策が一番重要となりますが、

紫外線ケアや美白ケアは

紫外線の量が増える

春から夏にかけてすれば大丈夫…

日焼け止めを何度も塗り直すのは面倒だから

秋冬はお休みしてもいいか…

なんて思っている方は要注意です。

実は冬のシミ対策は夏以上に重要なんですよ。

では、なぜ冬のシミ対策が大切なのか

どのようにシミ対策をすればいいのかを

お話させていただきますね。

冬のシミ対策が大切な理由

シミ対策のケアは寒い時期こそ勝負イメージ

気象庁が公表している

茨城県つくば市にある観測所で計測された

2017年の「UVインデックス」のデータです。

気象庁データ

出典:気象庁ホームページ「日最大UVインデックス観測値の年間推移グラフ

UVインデックスとは

紫外線の強さを分かりやすく表したもので、

数値が大きいほど人体に影響する

紫外線が強いということになります。

1日のうちで一番紫外線が強かった数値を

点で記しています。

これを見ると弱くではありますが

冬でも紫外線が降り注いでいる

ということがよく分かりますよね。

春夏に強い紫外線を浴びて弱ったお肌は

冬の弱い紫外線であっても

十分なダメージを受けてしまうんです。

そのうえ、冬は気温が低く空気が乾燥するため

乾燥肌や血行不良になりやすく

お肌のターンオーバーも滞りがちになって

シミができやすく消えにくい状態に。

つまり、冬は一年の中でも

一番肌トラブルが起こりやすいから

シミ対策が大切というわけですね。

冬にするべきシミ対策は?

シミ対策のケアは寒い時期こそ勝負イメージ

しっかり保湿する

冬は気温や湿度が低下して

お肌の表面から乾燥しはじめます。

春夏と同じようなスキンケアをしていたのでは

あっという間に肌が乾いてしまいます。

お肌の乾燥は新陳代謝を低下させ

シミを作る原因となるので

保湿重視のスキンケアが重要になります。

化粧水でお肌に水分を補給した後

水分の蒸発を防ぐために

乳液や保湿クリームで

フタをしてあげましょう。

血行を促進する

体が冷えると血液の循環が悪くなって

皮膚細胞へ酸素や栄養が届きづらくなり

肌組織がうまく作り変えできなくなります。

つまり、お肌のターンオーバーが乱れてしまうために

同時に老廃物の排出も鈍くなってしまうので

シミやくすみが現れやすい状態に。

シャワーで簡単に済ませるのではなく

入浴は39〜40度のお湯に

15分ほどゆったりつかって

体の芯から温めましょう

ダイエットなどで栄養バランスが偏ると

体の中の熱も下がってしまうので

バランスの良い食事を心掛けてくださいね。

また、マッサージをすることも血行促進につながりますので

よろしければ、こちらの記事も併せてお読みください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

肌の黒ずみはマッサージで改善できる?

たまった古い角質を除去する

お肌のターンオーバーが乱れやすい寒い時期は

古い角質が剥がれ落ちにくくなります。

古い角質がたまってしまうと

角質層が厚くなってお肌がくすんでしまいます。

それだけでなく、

肌の潤い成分の生成が鈍くなるので

乾燥してお肌の弾力が減ってしまったり、

毛穴に皮脂がたまってニキビや炎症の原因になったり

様々な肌トラブルが起きてしまうのです。

そのため、古い角質を取り除く効果がある

ピーリングを行なう必要があります。

紫外線を予防する

冬でも紫外線は出ているというお話は先にしましたが、

実は家の中にいても紫外線を浴びているんです。

紫外線は雨や曇りの日でも降り注ぎ、

窓ガラスを通過して家の中まで入ってくるんですよ。

1日中家で過ごすからといって紫外線ケアを怠らず、

日焼け止めは毎日欠かさず塗る

ようにしましょうね。

美白化粧品でケアをする

冬を迎えるまでに浴びた紫外線のダメージが

シミにならないように

美白成分が入った美容液やクリームでの

美白ケアを毎日行ないましょう

いろいろな美白成分がありますが

その働きは3つに分けられます。

シミの元になるメラニンを作らせない成分

新たにシミができないように予防する働きがあります。
カモミラエキス、ビタミンC、ハイドロキノン、プラセンタエキスなどがあります。

 
メラニンの排出を促すために新陳代謝を高める成分

長年浴び続けた紫外線のダメージは肌の奥に「隠れシミ」として居座っているので、新陳代謝を高めて肌の再生とともに剥がれ落としてくれます。
ビタミンC、プラセンタエキス、リノール酸、4SMKなどがあります。
 
黒くなったメラニンを無色に戻す成分

肌表面にあらわれたシミを消す働きがあります。
ハイドロキノン、ビタミンCです。

私がオススメしたいのは

B.glenビーグレンのホワイトケアセット。

  • お肌を刺激しない吸着タイプの洗顔料

  • 美容成分たっぷりの化粧水と保湿クリーム

  • 温感作用とピーリング効果があるビタミンC美容液

  • 今あるシミの色を消すハイドロキノンクリーム

がまとめてお試しできるトライアルセットがあります。

私が使ったレビューも書いていますので

どうぞ併せてご覧ください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

ビーグレンのシミ消しお試しセット使ってみた私の画像つき口コミ

まとめ

シミ対策のケアは寒い時期こそ勝負イメージ

冬は一年のうちで最も紫外線が弱いシーズンですが

お肌にダメージを与えるには十分な

紫外線が降り注いでいます。

特に冬は乾燥しやすい時期で

お肌のバリア機能が低下するので

夏よりも紫外線の影響を受けやすくなるため

冬の紫外線ケアや美白ケアが重要となるんですね。

スキンケアのオフシーズンはないと肝に命じて

一年365日しっかりシミ対策を行なって

若々しく品のある美しさを保ちましょうね。