医薬部外品と薬用化粧品ってどう違うの?

どんどん目立ってくる顔のシミ。

 

時間もお金もかけずに消すために

シミ消しクリームを探しているんだけど

「医薬部外品」以外に

「薬用化粧品」という表示もあって

この違いが良く分からない…

 

確かにそうですよね。

 

私もあなたと同じでよく分かりませんでした。

 

たいていのサイトでは

「医薬部外品と薬用化粧品は同じ」

としか書いていないですから。

 

それじゃどうして1つに統一しないんだ!!

って思っちゃいますよね。

 

そもそも医薬部外品っていう

名称自体が分かりにくいですし。

 

 

この記事では

医薬部外品や薬用化粧品って何なのか

この2つの違いはどのようなものなのかを

書かせていただきます。

 

 

シミ消しクリームの分類

医薬部外品と薬用化粧品ってどう違うの?イメージ

 

シミ消しクリームなどのスキンケア用品は

「薬機法」という法律によって

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

に分類されています。

 

この中で、医薬品と化粧品は何となく

どんなものなのかというのはお分かりですよね。

 

医薬品は病気の治療をするためのお薬で

化粧品は見た目を良くするための製品です。

 

その中間にあるのが医薬部外品なんです。

 

 

一般的に効果の高さと副作用の強さは

医薬品 > 医薬部外品 > 化粧品

という順になります。

 

 

一部、そうとは限らないものもありますので

それについてまとめた記事はこちらです。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

医薬部外品じゃないビーグレンではシミが消えない?

 

 

医薬部外品って何?

 

シミ用化粧品の医薬部外品とは、

一定の美白効果が期待できると

厚生労働省から認められた製品のことです。

 

パッケージやラベルに

「有効成分」を表示することが許されています。

 

文字の通り

医薬の部外品 = お薬ではないもの。

 

ですから

医薬品ほどの効果はなく

予防しかできない製品なんです。

 

化粧品との違いは

厚生労働省から認められた有効成分を

一定の濃度で配合しなければならない

という点です。

 

 

そして、

化粧品のように全ての成分を表示する義務がなく、

認められた有効成分以外は表示するかしないか

各メーカーが決めることができます。

 

医薬部外品と化粧品の成分表示はこのようになります。↓

医薬部外品と薬用化粧品ってどう違うの?イメージ

 

 

医薬部外品と薬用化粧品の違いは何?

医薬部外品と薬用化粧品ってどう違うの?イメージ

 

製品によって「医薬部外品」と書いていながら

「薬用化粧品」とも書かれているものもあります。

 

それじゃ両方書いてるものが効くのかな…

なんて思っちゃいますよね。

 

 

そういうわけではなく、

医薬部外品というのは大カテゴリのようなもので、

入浴剤や日焼け止め、歯磨き粉、

生理ナプキンなど様々なものがあり、

その中のひとつに薬用化粧品も入っているんです。

 

ですから化粧品の医薬部外品というのは

薬用化粧品のことを指すのです。

 

医薬部外品と薬用化粧品ってどう違うの?イメージ

 

医薬部外品は他にもたくさんあります。

制汗剤、ベビーパウダー、育毛剤、除毛剤、染毛剤、ブリーチ剤、パーマ液、清浄綿、浴用剤、薬用石鹸、薬用歯磨き粉、虫除けスプレー、殺虫剤、殺そ剤、ソフトコンタクトレンズ消毒液、薬用化粧品、薬用シャンプー、薬用リンス、ハンドクリーム、シェービング剤、日焼け止め剤、パックなど

 

 

最後に

医薬部外品と薬用化粧品ってどう違うの?イメージ

 

医薬部外品というのはいわば大カテゴリ名で、

たくさんあるものの中のひとつが

薬用化粧品だということなのです。

 

分かりやすく言えば

医薬部外品(の中の薬用化粧品)

ということなんですね。