色素沈着してしまったニキビ跡への対処法

色素沈着してしまったニキビ跡への対処法

色素沈着してしまったニキビ跡への対処法イメージ

若い頃のニキビ跡を隠すために

コンシーラーが手放せない…

30代になって大人ニキビができだして

茶色いシミが残ってしまって…

とニキビの後の色素沈着にお悩みではないですか?

ニキビの炎症が治まった後に

茶褐色のシミのようなものができることがあります。

これは「炎症性色素沈着」というシミの一種ですが、

紫外線や加齢が原因でできる一般的なシミよりも

比較的消えやすいと言われているんですよ。

では、ニキビ跡の色素沈着は

一般的なシミとどう違うのか、

できてしまったらどうすればいいか

正しい対処方法をお話しさせていただきますね。

ニキビ跡の色素沈着と一般的なシミとの違い

色素沈着してしまったニキビ跡への対処法イメージ

ニキビ跡の色素沈着と一般的なシミは

見た目は似ているので区別はつけにくいのですが、

できる仕組みが少し違うのです。

一般的なシミは、紫外線など外部からの刺激が原因で

作られたメラニンが長年溜まったもの

刺激を受けてすぐに出てくるものではなく、

肌のターンオーバーで排出しきれなかった

メラニン色素が少しずつ蓄積されて

たくさん溜まったものが肌表面に現れるので

紫外線ダメージを受けてから時間がかかります。

ニキビ跡の色素沈着は

ニキビの炎症によるダメージから肌細胞を守るために

メラニン色素が過剰生成されてできたもの

健康な肌ならターンオーバーで

自然に排出されるのですが、

ニキビができた後は代謝機能が弱まっているので

メラニンがうまく排出されずに残ってしまうんです。

ニキビ跡の色素沈着が消えやすいのはなぜか

色素沈着してしまったニキビ跡への対処法イメージ

服についた汚れもそうですが、

ついてすぐに正しい処置をすれば

キレイに落ちる可能性が高く、

時間が経てば経つほど頑固で

落としづらくなってしまいます。

一般的なシミは長年蓄積されたもので

頑固で消えにくく、

ニキビ跡の色素沈着は比較的新しく

肌の浅い部分でおこっていることが多いため

ニキビの炎症がおさまれば

メラニン細胞の生成量が正常に戻り

肌のターンオーバーを整えることで

自然に消える可能性が高いのです。

ニキビ跡が色素沈着をおこしてしまったら

色素沈着してしまったニキビ跡への対処法イメージ

色素沈着を無くすには、

メラニン色素を皮膚から排出するために

肌が生まれ変わるターンオーバーを

正常に働かせる必要があります。

そのために

生活習慣の乱れを見直す
偏った食生活や喫煙、睡眠不足、運動不足など
スキンケアを見直す
保湿不足、クレンジング不足、過度な摩擦など
紫外線ケアをする
ストレスを溜めない

といった様々な

ターンオーバーが乱れる原因を改善することで、

色素沈着だけでなく

新たなニキビをできにくくすることや

アンチエイジングにもつながるんです。

ニキビ跡の色素沈着を悪化させないために

色素沈着してしまったニキビ跡への対処法イメージ

色素沈着は、紫外線や摩擦などの刺激を受けると

色が濃くなって悪化してしまいます。

ニキビ跡に直接紫外線があたらないように

日焼け止めクリームやUVファンデーションで

しっかり素肌をガードしたり、

クレンジングや洗顔でゴシゴシ擦らない、

気にして手でいじらない…など

外部からの刺激を与えないようにしましょう。

特にニキビが炎症をおこしている時は

メラニン色素が過剰に生成されている上に

さらに外部から刺激を受けると

濃く消えにくい色素沈着ができる

可能性が高くなってしまいます。

炎症中は薬を塗って

ガーゼや肌色テープなどで保護し、

刺激を与えないようにしましょうね。

ニキビ跡の色素沈着を自力で早く消したいなら

色素沈着してしまったニキビ跡への対処法イメージ

ターンオーバーで自然に消えるのなんて

待っていられないんじゃないですか?

本来は美容皮膚科や美容外科での

きちんとした治療をするべきなのですが、

時間に余裕がなかったり金銭的な負担を考えると

自宅で自力で何とかしたいと思いますよね。

実は私も出産後に顔が真っ赤になるほど

ニキビが炎症をおこしてしまって

ニキビ後の色素沈着に悩んだ時期がありました。

当時の私と同じように悩んでいる方に

ぜひ試していただきたいセルフケアがあります。

ニキビ跡の色素沈着よりも消えにくい一般的なシミに

私自身が効果を感じた方法なんです。

市販の飲み薬

メラニン色素の生成を抑制する作用や

肌細胞の酸化を防ぐ作用、

コラーゲンの生成を促す作用がある

「ビタミンC(アスコルビン酸)」が入った飲み薬

がおすすめです。

皮膚科でのシミ治療でもビタミンCが入った

「シナール」という内服薬が処方されますが、

今はドラッグストアでも手軽に買える製品があります。

  • シナールイクシプレミアム
    
  • シナールイクシ
    
  • シナールLホワイト2
    
  • ハイチオールCプラス
    
  • ハイチオールCホワイティア

などですが、特にシナール系の方が

ビタミンC含有量が多いのでおすすめですね。

これらの製品はビタミンCの効果をアップさせる

「パントテン酸カルシウム」と「L-システイン」が

入っているので、一般的なビタミンCと比べて

効率よく有効成分を摂取できますよ。

皮膚科でよく出されるシミ治療の飲み薬で

「トラネキサム酸」というのもあって

私も一時期服用していたのですが、

飲むたびに体がだるくなったり頭痛がするので

飲むのをやめてしまいました。

トラネキサム酸は体質的に合わない方も多いようですね。

美白化粧品

毎日のスキンケア用品は

黒くなったメラニンの色を無色にする効果がある

「ハイドロキノン」や「ビタミンC誘導体」

が入った美白化粧品を使いましょう。

どうせ毎日ケアするのに必要なものなんだし

少し奮発してお肌に栄養を与えてあげてください。

ハイドロキノンとビタミンC誘導体は

酸素と結びつこうとするチカラが強く、

酸化して黒くなったメラニン色素から

酸素を引き剥がして

メラニンを元の無色の状態に戻してくれるのです。

特にハイドロキノンは専門医がシミ治療に使うほど

効果があるといわれる成分ですが、

肌への刺激が強いため、人によっては

赤みや痛みの副作用が出ることがあります。

私はハイドロキノン4%の医療用クリームで

赤く腫れてしまったので

初めてハイドロキノンを使う方や

お肌が敏感な方には安全に使える

低濃度のものがおすすめです。

化粧品として販売されている

ハイドロキノン入りの美容クリームは

配合量が1〜4%と低濃度で刺激が少なく、

成分を劣化させず浸透力を高める技術に

各メーカーが力を注いでいるので

優れた製品が増えているんですよ。

私が20年間いろいろな化粧品を試して

ようやくシミに効くと実感できた製品の

お試しセットがあるので、

よろしければ一度使ってみてください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

ハイドロキノンで悩みを解消!! b.glenビーグレン ホワイトケアトライアルセット

まとめ

色素沈着してしまったニキビ跡への対処法イメージ

ニキビの後に色素沈着ができてしまったら

まずはニキビの炎症が原因で乱れてしまった

ターンオーバーを正常に戻しましょう。

肌が本来持っている機能は年齢とともに

少しずつ低下しますが、

生活習慣やスキンケアを見直すことで改善し、

保湿力、バリア機能がしっかり働いて

健康な肌を育てることができます。

少しでも早くキレイなお肌を取り戻したいなら

ビタミンCの飲み薬や

ハイドロキノンが入った化粧品などでの

セルフケアをプラスするのがオススメです。

まずはできることから実践してみましょうね。

関連記事

  • 今あるシミが消える美白成分は2つだけ!!今あるシミが消える美白成分は2つだけ!!     若い頃、気にせずガンガン日焼けしたせいか   30代になって現れだした顔のシミ。     美白成分がたくさん入った美白化粧品で   毎日ケアしているのに全く効果を感じられない…   という方は多いのではないでしょうか?     それもそのはず、 […]
  • 座りすぎのお尻の色素沈着は自分で解消できる座りすぎのお尻の色素沈着は自分で解消できる   10年ほど前のこと、   お風呂上がりに鏡に映った   自分のお尻を見て愕然としました。     お尻のほっぺ左右対象に丸い黒ずみが   できてしまっていたんです。     どうやら長年のデスクワークが原因のよう。     人に見られる場 […]
  • 肌の黒ずみはマッサージで改善できる?肌の黒ずみはマッサージで改善できる?     黒ずんでくすんだお肌、目の下のクマ、   ほうれい線、シワ、たるみ、むくみなどの   改善や予防のために毎日のスキンケアで   フェイスマッサージを取り入れている方は   多いのではないでしょうか。     マッサージはアンチエイジングや美肌づくりにいい & […]
  • シミ消し化粧品は効果なしと言いきれない理由シミ消し化粧品は効果なしと言いきれない理由     30代を過ぎた女性の悩みで多い   顔のシミや肌のくすみ。     仕事や家事・育児と毎日忙しくて   自宅で手軽にセルフケアできる   シミ消し効果がある化粧品を探している   という方も多いのではないでしょうか?     ところが […]