肌の黒ずみはマッサージで改善できる?

肌の黒ずみはマッサージで改善できる?

肌の黒ずみはマッサージで改善できる?イメージ

黒ずんでくすんだお肌、目の下のクマ、

ほうれい線、シワ、たるみ、むくみなどの

改善や予防のために毎日のスキンケアで

フェイスマッサージを取り入れている方は

多いのではないでしょうか。

マッサージはアンチエイジングや美肌づくりにいい

という説が一般的ですが、

実は逆に

マッサージが黒ずみやシワ・たるみを悪化させる

という説もあるのをご存知ですか?

一体どっちなのよ??

って思っちゃいますよね。

そこで、

マッサージがお肌に良い・悪いといわれる理由

年齢肌の悩みはマッサージで改善できるかどうか

についてお話しさせていただきます。

マッサージがお肌に与える影響は?

肌の黒ずみはマッサージで改善できる?イメージ

キレイな肌を保つ美容法はたくさんありますが

その中でもお金をかけずに手軽にできる

セルフケアのひとつがマッサージ。

化粧品メーカーやエステ業界などでは

「血行促進になる」「リンパの流れが良くなる」

と肌の新陳代謝を促す良い効果があると

マッサージを推奨しています。

しかし、

一部の専門家が指摘しているらしい

「皮膚がのびる」「シワができやすくなる」

「シミができやすくなる」という

マッサージがお肌に悪影響を及ぼすような

情報もインターネットでよく目にします。

それぞれの説が何を根拠に

言われているのかを見てみましょう。

マッサージが肌に良いという説

肌の黒ずみはマッサージで改善できる?イメージ

血行促進になる

お肌を健やかに保つために必要な酸素や栄養素は、

血管を通って表皮に運ばれます。

十分な酸素や栄養素がお肌に届くことで

新しく表皮細胞が作られて、

古い細胞は垢となって剥がれていきます。

毛細血管の赤みが戻って肌の血色がよく明るくなり、

コラーゲンの生成が促されてハリや弾力が戻り、

メラニンの排出が促されて

黒ずみやシミ・くすみが改善されるなど、

さまざまな肌トラブルの改善につながります。

リンパ液の流れが良くなる

血管と同じようにリンパ管は

私たちの体じゅうに張り巡らされていて、

その中を流れるリンパ液には

体内でいらなくなった老廃物や余分な水分、

細菌やウイルスなどを回収して運ぶ

「下水道」の役割があります。

血管には血を流すために心臓がありますが、

リンパの流れにはポンプ機能がないので

流れが遅くて滞りやすいのです。

そこで、

リンパ液の流れに沿ったリンパマッサージをして

老廃物の排出をサポートすることによって

新陳代謝が促進されて

肌荒れやくすみ、むくみ、たるみの改善につながるのです。

マッサージが肌に悪いという説

肌の黒ずみはマッサージで改善できる?イメージ

皮膚がのびる

皮膚は伸び縮みできるゴムのような繊維が

ピンと張っていることでハリや弾力が保たれています。

しかし、無理に引っ張ってしまうと

繊維の弾力はゆるんでしまいます。

ゴムを何度も伸び縮みさせていると

伸びきってしまって元にもどらなくなるように

日常的なマッサージで皮膚ものびて

戻らなくなってしまうのです。

シワができやすくなる

皮膚の上に手を滑らせると

手が進む方向に細かいシワが入ります。

マッサージで皮膚が伸びてしまっていると

そのシワが大きく深いものになってしまいます。

毎日のマッサージで何度も繰り返しているうちに

そのシワが折りたたまれて定着してしまうのです。

シミができやすくなる

マッサージで肌に刺激を与えると

その刺激から肌細胞を守るために

活性酸素が過剰に生成されます。

増え過ぎた活性酸素は

逆に肌細胞にダメージを与えるので

それを抑えるために

チロシナーゼという酵素をたくさん出します。

このチロシナーゼが活性酸素を引き寄せて酸化し、

黒色メラニンにどんどん変化して

シミになってしまうんです。

マッサージでお肌は改善するの?

肌の黒ずみはマッサージで改善できる?イメージ

山口大学理学部理学科で生物学を学び、

大手化粧品メーカーで研究と商品開発に長年携わった

岡部美代冶氏の皮膚科学見地に基づいた解説によると

マッサージは肌の血液やリンパ液の循環を良くしてくれるので、皮膚組織に酸素と栄養を充分に補給し、結果として健康で若々しい肌に保ってくれます
化粧品の効果を相乗的に高めてくれる効果的なお手入れ方法といえます。

皮膚構造をしっかりと知っていれば肌はそんなに軟弱な組織ではないし、柔軟で丈夫な組織です。

間違えやすいマッサージ方法として考えられるのは、摩擦に近い強いマッサージです。
乾いたタオルや布でゴシゴシとこすることを続けると、シワではなく肌に炎症や色素沈着を起こすこともありえます。

このように言われているので

マッサージ自体はお肌にいいのは確かなようです。

しかし、マッサージが肌に悪いという説の理由を見ても

肌をのばしたり摩擦したりなどの

過度な刺激は逆効果になるという事ですね。

マッサージ以外でも私たちの生活の中で

お肌に過度な刺激を与えていることはたくさんあり、

特に女性に多い悩みがお尻の黒ずみです。

お尻の黒ずみについて書いている記事がありますので

よろしければ併せてお読みください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

座りすぎのお尻の色素沈着は自分で解消できる

効果的なマッサージ法は?

肌の黒ずみはマッサージで改善できる?イメージ

こする、引っ張る、叩く、押し付けるはダメ。

とにかくお肌を刺激しないというのが鉄則です。

マッサージ前に身体を温める

身体が温まって気持ちもリラックスしているお風呂上がりに行なうのがおすすめです。
お白湯を飲むと身体も温まり、老廃物の排出も促進されます。

滑りを良くする

摩擦でお肌に負担をかけないようにオイルや保湿クリームを使いましょう。
保湿ケアにもなりますよ。
好きな香りがするものを使うとリラックス効果もアップします。

なでるような力で優しく行なう

強い力でマッサージをするとリンパ管や肌組織を傷つけたり色素沈着を起こす可能性があるので、さする程度の力加減で行なってください。

まとめ

肌の黒ずみはマッサージで改善できる?イメージ

マッサージは黒ずみだけではなく

お肌の悩み全般の改善によいことが

お分かりいただけたでしょうか。

お肌に悪いという説もあながちウソというわけではなく、

過度なマッサージをすればそうなっちゃうよ

という例のようですね。

いつまでもキレイであり続けるために

マッサージを毎日の習慣にして

美しいお肌を手に入れましょう。