医薬部外品じゃないビーグレンではシミが消えない?

医薬部外品じゃないビーグレンではシミが消えない?

医薬部外品じゃないビーグレンではシミが消えない?イメージ

目立ち始めたシミを自力で消したくて

インターネットで評判がいい

ビーグレンを使ってみたいんだけど

医薬部外品じゃないから

シミに効かないのかな…

と買うのを迷っているあなたは

これまで安全性と効果を考えて

「医薬部外品」や「薬用化粧品」を

選択されてこられたのでしょうか。

その判断は正しい場合もありますが、

シミ消しクリームを選ぶ基準としては

間違っているとも言えます。

なぜなら

医薬部外品では今あるシミは消えないからなんです。

そして

 

シミを薄くできる成分が入ったビーグレンは

 

医薬部外品じゃないからシミに効くと言えるのです。

では、

なぜ医薬部外品でシミは消えないのか

ビーグレンがシミに効く理由は何なのか

お話しさせていただきますね。

医薬部外品って何?

医薬部外品じゃないビーグレンではシミが消えない?イメージ

化粧品は「薬機法」という法律によって

「医薬部外品(薬用化粧品)」と

「化粧品」に分類されています。

シミ用化粧品の医薬部外品とは

一定の美白効果が期待できる

と厚生労働省から認められた製品のことです。

人の体への改善効果はあるけれども

お薬ほど強くはなく、

副作用の危険性もないものとされています。

製品によって「医薬部外品」のほかに

「薬用化粧品」とも書かれていたりしますが

同じものです。

医薬部外品と薬用化粧品の違いについては

こちらの記事に書いています。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

医薬部外品と薬用化粧品ってどう違うの?

医薬部外品は化粧品の違いって?

医薬部外品じゃないビーグレンではシミが消えない?イメージ

医薬部外品は有効成分と効能・効果を謳える

医薬部外品はパッケージやラベルに

「有効成分」として成分名や効能効果を

表示することができます。

例えば「メラニンの生成を抑えて美白」や

「シミやくすみを防いで美白」などのコピーを使って

ちょっと魅力的なアピールができるんです。

化粧品の場合は有効成分の表記ができず

「日焼けを防ぐ」「潤いを与える」など

使える表現がとても限られています。

医薬部外品は全成分を書かなくてもいい

化粧品は、配合量の多いものから順に

全成分の表記が義務付けられています。

けれど

医薬部外品は「表示指定成分」さえ書けば

他の成分は書いても書かなくても

メーカーの自由となっています。

表示指定成分とは

薬機法によって定められた

アレルギーを起こす可能性のある

102種類の成分のことなんです。

医薬部外品は有効成分が一定量入っている

医薬部外品は厚生労働省から認められた有効成分を

 一定の濃度で配合されています。

だけど、この一定の濃度というは

「安全に使用できる」のを重視した濃度なので

=ちょびっとしか入っていない

=たいして効果がない

=予防しかできない

ということなんですよね。

医薬部外品 > 化粧品ではない

医薬部外品と化粧品の比較イメージ

医薬部外品は

厚生労働省に美白効果を認められているから

当然シミを消す効果は

化粧品より高いように思いますよね。

ところが、そうとは言いきれないのです。

以前は化粧品を作るのに

どんな成分を何%入れているか

各成分は安全なのか

どうやって作っているのかを

こと細かく書いた資料を出して

承認を得なければならなかったそうです。

しかし、2001年4月の薬機法改正で

化粧品承認制が廃止され、

原則、化粧品の成分は自由化されました。

いくら自由とはいっても

「化粧品基準」が設定されていて

入れてはいけない成分や

配合量上限が決められている成分もあります。

とはいえ

化粧品は基本的に認定成分の縛りや

配合濃度の制限がないので、

最先端の技術や成分を使ったり

肌悩み解決に最適な成分の配合濃度で

自由に製品を作ることができるのです。

例えばビーグレンの製品にも入っている

ハイドロキノンですが、

皮膚科でのシミ治療にも使われるような

シミを薄くする効果が高い成分なのに

有効成分としての認可はされていないため

医薬部外品に配合することはできません。

けれど化粧品には入れることができるので

必然的に医薬部外品より

効果が高い化粧品ができる

というわけですね。

医薬部外品には今あるシミを消す成分が入っていない

医薬部外品じゃないビーグレンではシミが消えない?イメージ

できてしまったシミを何とかしたいなら

メラニンができた後に働く成分を使う必要があります。

成分の働きによって

還元型成分と排出型成分の2つに分けられます。

還元型成分

シミに直接働く。沈着したメラニンを無色の状態に戻す。

 
排出型成分

ターンオーバーの乱れを整える。メラニンの排出を促す。

沈着したメラニンを無色の状態に戻してくれる

還元作用がある美白成分でなければ

今あるシミに直接アプローチすることはできません。

現在、

美白成分の中で還元作用があるのは

ハイドロキノン

ビタミンC誘導体の2種類のみで、

医薬部外品として認められているのは

ビタミンC誘導体だけなんです。

けれど、

医薬部外品として認められた成分は

一定濃度しか入れられない縛りがあるため

ビタミンC誘導体が入っていても

あくまで「シミの予防」しかできない製品

ということになります。

美白成分についての記事もありますので

どうぞ併せてお読みください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

今あるシミが消える美白成分は2つだけ!!

ビーグレンがシミに効くという理由

医薬部外品じゃないビーグレンではシミが消えない?イメージ

ビーグレンの製品は医薬部外品ではなく化粧品です。

成分や濃度の縛りに関係なく

「効く」製品を作るためです。

その象徴となるのが

医薬部外品に入れられない

ハイドロキノンと高濃度ピュアビタミンC、

それを配合可能にした

ビーグレン独自の浸透技術「QuSome®」です。

ハイドロキノン1.9%配合「QuSomeホワイトクリーム1.9」

ハイドロキノンは

シミの原因であるメラニン生成の際に働く

チロシナーゼ酵素の活性を抑える効果が

とても高い成分です。

ビタミンCやプラセンタなど一般的な美白成分に比べ、

約10〜100倍の抑制力があるといわれています。

さらに、皮膚に沈着したメラニン色素を

無色にする還元作用があります

ハイドロキノンは

濃度が高いほど効果が期待できますが、

多すぎれば刺激が強く

少なければ効果がありません。

ビーグレンの「QuSomeホワイトクリーム1.9」に

配合されているハイドロキノンは1.9%と低濃度です。

効果が少ないように思うかもしれませんが

ビーグレンのハイドロキノンは

1.9%でも4%と同じ効果があって

刺激が1/4のに抑えられるので

敏感肌の方も安心してお使いいただけるんです。

低濃度でも効果が高く低刺激だという

根拠を示すデータはこちらの記事をどうぞ。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

シミ消し化粧品は効果なしと言いきれない理由

高濃度ピュアビタミンC「Cセラム」

加齢とともに肌のキメが乱れて固くなり、

ターンオーバーも衰えていきます。

すると…

固くなった肌
   ▼
ハイドロキノンなどの有効成分が浸透しにくくなる
 
ターンオーバーの衰え
   ▼
ハイドロキノンがメラニンに作用しても、そのメラニンがなかなか排出されずに、肌内部に溜まってしまいシミが薄くなりにくい

といった致命的な欠点が生じて

せっかくの美容成分が効果を発揮できず

シミがなかなか薄くならないという状態に陥ります。

こういった肌質を改善して

肌のターンオーバーを促し

シミを排出しやすくする成分が

ピュアビタミンCです。

そのほかに

  • 肌に発生する活性酸素を除去し、肌の老化を防止

  • 皮脂の分泌量を抑制し、ニキビができにくいお肌に

  • メラニン色素の生成を抑制してシミができない肌環境に

  • メラニンの色を無色化する還元作用で、シミやくすみ、ニキビ跡を薄くする

  • コラーゲンの生成を助け、肌のハリを保つ

など、あらゆる肌悩みを改善する効果があります。

薬用化粧品にはビタミンC誘導体がよく使われますが、

ビタミンC誘導体はお肌に入ってから

誘導体部分が酵素で切られて

ようやくビタミンCになるので

効果を発揮するまでに時間がかかります。

しかし、ピュアビタミンCは

お肌に浸透してすぐに効果を発揮できるのです。

ビーグレン独自の浸透技術「QuSome®」

ハイドロキノンとピュアビタミンCは

水溶性なので皮脂にはじかれて肌に浸透しにくく

酸素に触れると劣化しやすい

不安定な性質の成分です。

そのようなデリケートな有効成分を

皮脂に近い成分でできた

髪の毛の太さの1/500サイズのカプセルに

有効成分を包み込むことで、

肌への刺激を軽減しながら

皮脂を通過して肌の奥まで浸透し、

有効成分をトラブルの元に届ける事を

可能にした技術が「QuSome®」です。

油は水をはじきますが、

油と油は混ざる…という原理です。

酸素に触れることなく安定した状態で

肌の奥に届けられた有効成分は、

長時間お肌の中でジワジワ溶け出し

効果を持続させます。

国際特許を取得している

ビーグレン独自の浸透技術「QuSome®」は

どこにも真似できない

オンリーワンの技術なんです。

まとめ

医薬部外品じゃないビーグレンではシミが消えない?イメージ

ビーグレンがシミへの効果が期待できる

ということがお分かりいただけたでしょうか。

化粧品も医薬部外品も

お薬のように治療をする効果はありませんが、

医薬部外品ではないビーグレンは

法律の縛りがない分

自由度が高い化粧品を作ることができるのです。

そして、全成分の表示義務がある

化粧品のビーグレンは

どんな成分が入っているかひと目で判るので

使いたくない成分を避けることができます。

医薬部外品の宣伝文句に惑わされず

しっかりと自分のお肌に合う製品を

吟味してくださいね。