色素沈着が気になる目元をケア。正しいアイクリームの選び方

 

ケアを始めてもなかなか効果が出ない

色素沈着した目の下の茶くま。

 

メイクでカバーできるからと

放置してしまっていませんか?

 

でも肌の色素沈着を根本的に改善すれば

毎日カバーする必要もなくなり、

いま以上に悪化するようなことはありません。

 

今回は、目の下に色素沈着がおきる原因と

アイクリームを選ぶ時のポイントをご紹介します。

 

 

色素沈着を起こす原因は?

色素沈着が気になる目元をケア。正しいアイクリームの選び方イメージ

 

目をこする癖がある方や

マスカラをゴシゴシ落としている方は要注意‼︎

 

何故なら

目の周りは皮膚が薄く刺激にとても敏感で

摩擦は色素沈着の大敵だからです。

 

そのため

摩擦による刺激を少し受けただけでも

メラニン色素が作り出され、

黒ずんで色素沈着してしまいます。

 

マスカラをしっかりつける方や

ウォータープルーフマスカラを落とす時は、

擦らなくてもしっかり落とせる

マスカラリムーバーを使うようにしましょう。

 

洗顔時も肌を擦らないよう気をつけて

タオルで顔を拭う時もポンポンと

当てるように使うことがポイントです。

 

目の下の茶くまについて

こちらで更に詳しくご紹介しています。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

色素沈着による目の下の茶クマを自分で治す方法

 

茶くまケアで気をつけたいアイクリーム選び

色素沈着が気になる目元をケア。正しいアイクリームの選び方イメージ

 

色素沈着してしまった茶くまのケアは

アイクリームを選ぶ時にも注意が必要です。

 

まずはテクスチャーをチェックしましょう。

 

テクスチャーが固いものだと

塗る時にゴシゴシ擦ってしまうので

逆効果になってしまいます。

 

なるべく乳液ジェルのような

スルスル塗れるものを選ぶことも大切です。

 

実際に使ってみないとわかりませんが、

テスターがあれば触ってみたり

口コミをチェックして選んでみましょう。

 

次に、配合成分に注意しましょう。

まずはビタミンCなど

沈着した色素を還元(元の無色の状態に)する

美容成分が入っているものは絶対の条件です。

 

メラニン色素に働きかける

アルブチンプラセンタ効果的ですので、

アイクリームを買う時には

成分をしっかりチェックしましょう。

 

また、敏感肌の方

エタノール・パラベン・香料といった刺激成分が

成分表の前方に書かれていないもの

選ぶように注意してください。

 

ご存知の方が多いと思いますが、

成分表では前方に書かれているものほど

含有率が高くなっています。

 

重視したい成分がある方は

成分表の表記順にも気をつけてみましょう。

 

そして、目元のケアをするなら

保湿成分にも注目したいですよね。

 

アイクリームを選ぶ時に注目したい成分は

セラミドエラスチンヒアルロン酸・

コラーゲングリセリンです。

 

これらが含まれていれば、

しっかりお肌の潤いを保てます‼︎

 

私が愛用しているビーグレンの美白ケアセットは

色素沈着の還元作用をもつハイドロキノンと

高濃度ピュアビタミンCが入っていて

保湿成分もたっぷりだから

茶クマ対策にオススメです。

 

こちらにお試しをした時の感想がありますので

よろしければ併せてご一読ください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

ビーグレンのシミ消しお試しセット使ってみた私の画像つき口コミ

 

最後に

色素沈着が気になる目元をケア。正しいアイクリームの選び方イメージ

 

目の下のくまは

どのタイプも地道な努力が必要です。

 

特に長年の積み重ねで出来てしまった茶くまは

結果が出にくく諦めてしまう方も多いでしょう。

 

ですが、摩擦で刺激を与えないように気をつけ、

毎日アイクリームでお手入れを続けていけば

必ず結果は出るはずです。

 

諦めずコツコツ続けて悩みを解消しましょう‼︎