目の下のたるみによる黒クマを自分で治す方法 | 40代女性にb.glenビーグレンのハイドロキノン入りシミ消しクリームをおすすめする理由

目の下のたるみによる黒クマを自分で治す方法

目の下のたるみによる黒クマを自分で治す方法イメージ

どんなに髪型や服装をオシャレにしても

目の下にクマがあるだけで

老けてくたびれた印象を与えてしまいますよね。

ひと昔前は目の下のクマといえば

寝不足や疲れのサイン

と言われていましたが、

原因はそれだけではないんです。

しかも、目の下のクマには

・青クマ

・茶クマ

・黒クマ

という3つの種類があって

それぞれできる原因が異なり、

それぞれに合った改善方法で

ケアをしなくちゃダメなんです。

まず、

あなたの目の下のクマが

どのタイプのクマなのかを見分けましょう。

  青クマ 茶クマ 黒クマ
目の下のクマの種類と見分け方イメージ目の下を引っ張ると 薄くなる 変わらない 薄くなる
目の下のクマの種類と見分け方イメージ上を向くと 変わらない 変わらない 薄くなる
目の下のクマの種類と見分け方イメージファンデーションを塗ると 薄くなる 薄くなる 変わらない

この記事では、

黒クマを自力で消す方法をご紹介させていただきます。

青クマを消す方法はこちら。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

血行不良による目の下の青クマを自力で消す方法

茶クマを消す方法はこちらの記事をどうぞ。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

色素沈着による目の下の茶クマを自分で治す方法

黒クマの特徴

目の下のたるみによる黒クマを自分で治す方法イメージ

ファンデーションを塗っても色は変わらず、

目の下を軽く下に引っ張ったり

上を向いたりすると

クマの色は薄くなります。

黒クマができる原因

目の下のたるみによる黒クマを自分で治す方法イメージ

黒クマの正体は

目の下にできた

たるみによる影で、

目袋と呼ばれるものです。

加齢によるお肌と筋肉の衰え、

摩擦や紫外線による負担など

さまざまな原因があります。

筋肉の衰え

黒クマの原因で一番多いのが

加齢による目もとの筋肉の衰えです。

眼球を支える筋肉(眼輪筋)が弱くなって

眼球を保護している脂肪(眼窩脂肪)が

前に押し出されて

目の下がたるんでしまいます。

その影がクマとなって見えているんです。

お肌の衰え

年齢を重ねるごとに

わたしたちのお肌も同じように歳をとります。

若い頃はお肌にたくさんあったコラーゲンは

40歳になるとピーク時の半分の量まで減少し、

お肌のハリや弾力が失われて

目の下がたるんで黒クマができてしまいます。

マッサージによる負担

アンチエイジングのために

一生懸命フェイスマッサージをしていても

間違ったやり方をしていると

逆効果になる場合もあるんです。

チカラを入れすぎていたり

潤滑不足で刺激を与えてしまっていると

たるみと黒クマを引き起こすだけではなく

シワや色素沈着の原因にもなってしまいます。

アイメイクを落とす時の負担

ウォータープルーフのマスカラや

濃いアイメイクを落とすために

ついつい目の周りを

ゴシゴシこすってしまう事も

たるみやシワの原因になり、

黒クマができてしまうんです。

紫外線による負担

紫外線を浴びると

お肌の中で活性酸素が大量に発生して

健康な肌細胞が酸化させてしまいます。

すると細胞はうまく働かなくなって

お肌のハリと弾力を保っている

コラーゲンやエラスチンが減っていき、

たるみや黒クマができてしまうんです。

黒クマを悪化させないために

目の下のたるみによる黒クマを自分で治す方法イメージ

毎日の生活習慣で

知らず知らずのうちにやってしまっている事を

意識して断つ必要があります。

まず黒クマができた

原因となることをやらないようにしましょうね。

フェイスマッサージはやり過ぎに注意

フェイスマッサージで大切なのは

チカラを入れ過ぎたり

何度もやり過ぎたりしない事です。

特に目の周りの皮膚はとても薄くてデリケートなので

過剰に刺激を与えないようにしましょうね。

お顔のマッサージを行う時は

お肌に負担をかけないために

スキンケアクリームを充分塗って

滑りを良くしてください。

ゴシゴシこすらない

クレンジングや洗顔の時、

メイクや汚れがお肌に残らないようにと

ゴシゴシこすらないようにしましょう。

クレンジングはお肌に馴染みやすくなるように

手のひらで人肌ほどに温めて、

指先に力を入れずに優しく

顔に塗り広げましょう。 

濃いめにメイクした時や

普通のクレンジングで落ちない時は、

アイメイク専用のリムーバーを

使うようにしてくださいね。

お化粧を落とした後に

アイメイクが残っていた場合は

再度クレンジングするのではなく、

綿棒にリムーバーを染み込ませて

優しくぬぐい取ってください。

洗顔は、

一般的にモコモコの泡で洗い上げるのが

お肌にやさしいと認識されていますが、

少なからず摩擦が発生するのは事実です。 

顔に塗り広げるだけで

こすらず汚れを落とす吸着洗顔が

お肌にとって理想的です。

また、

アレルギーや花粉症で目がかゆくなった時は

何度もこすったり、強く叩いたりせず、

人工涙液でアレルゲンを流したり

冷たいタオルで冷やしたりすると

かゆみが和らぎますのでお試しください。

紫外線ケア

春夏秋冬年がら年じゅう、

雨の日にも紫外線は降り注いでいます。

直接肌にあたる紫外線は

日傘や帽子、上着などが有効ですが、

地面に反射して浴びる紫外線や

空気中で散乱する紫外線、

家の中にいても紫外線はガラスを通るので

日焼け止めを塗るのが最も効果的だといえます。

わたしたちのお肌は3分以上紫外線を浴びると

確実にダメージが残るといわれているので

ゴミ出しや洗濯物を干す時にも

きちんと紫外線対策する必要があります。

また、日焼け止めは1度塗ったら

一日中効果が続くわけではないので

2〜3時間おきに塗り直す方がよいとされていますが

まめに塗り直しできない場合でも

日中に1回は必ず塗り直すようにしましょうね。

黒クマを消す方法

目の下のたるみによる黒クマを自分で治す方法イメージ

加齢による筋肉やお肌の衰えが原因の黒クマは

自分で簡単にできる

目の周りの筋肉を錬える顔ヨガと

スキンケアで解消しましょう。

目の周りの筋肉を錬える顔ヨガ

以前、シミやクマの悩みをブログに書いた時に

読者の方から

「お肌の悩み全般に顔ヨガが効くよ」

と教えていただき、

自宅近くでやっていた

顔ヨガの1日教室に参加しました。

そこで教えていただいた

目の下の筋肉を錬える

黒クマに効く顔ヨガ

をご紹介しますね。

ほうれい線にも効くそうですよ。

ムンクの顔ヨガやり方

  1. クチを「お」の形にあけて顔を上下に伸ばします。
  2. そのまま目線だけ上を見ます。
  3. 上を見たまま下まぶたを持ち上げます。
  4. 2〜3を5回ほど繰り返してください。
  5. 目を閉じてリラックスしましょう。

顔ヨガインストラクターの間々田佳子さんも

このムンクの顔ヨガを

TVや雑誌で紹介されているので

ご存知の方も多いのではないでしょうか。

真剣にきちんと行うと

目の周りの筋肉が動いているのが分かりますし

結構つらいですよ。

私はこの運動を

入浴中、湯船に浸かっている時にやっていて

少しずつ効果が現れているのを実感していますので

ぜひお試しくださいね。

コラーゲンを増やすスキンケア

減ってしまったコラーゲンを

そのままお肌に塗っても

増えるものではなく、

コラーゲンを増やす成分が入った

基礎化粧品でケアをする必要があるんです。

また、紫外線ダメージなどで

活性酸素が大量に発生しても

お肌の老化が加速しないように

活性酸素と戦うことができる

抗酸化の成分であることも

大切なポイントなんです。

コラーゲンを増やす成分や

抗酸化力のある成分はたくさんありますが、

特に

アスコルビン酸(ビタミンC)

レチノール(ビタミンA)

はコラーゲンの生成に欠かせない美容成分で

強い抗酸化力を併せ持っています。

また、

皮膚の老化を遅らせる効果だけではなく

皮脂分泌を抑制して

毛穴の詰まりや黒ずみを防いだり、

穏やかなピーリング作用もある

優れた効果をもつ美容成分です。

ビタミンCについて詳しく書いた記事も

どうぞご一読ください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

医薬部外品じゃないビーグレンではシミが消えない?

黒クマをごまかす方法

目の下のたるみによる黒クマを自分で治す方法イメージ

黒クマを消すための根本的な改善策をしていても

すぐには消えてくれませんよね。

そんな時にはメイクでごまかしましょう。

黒クマの場合はお肌の凹凸が原因なので

色で隠すのではなく

光で影を飛ばすように

お肌よりワントーン

明るいベージュ系や

パール入りのコンシーラー

を使うのがポイント。

ふくらみの部分には塗らず、

たるみのすぐ下の影になっている部分に

コンシーラーを塗って

凹凸を平らに見えるようにごまかしましょう。

コンシーラーは単にクマの上に塗ればいいのではなく、

ファンデーションのタイプによって

お肌にのせる順番が違うんですよ。

パウダーファンデーション

コンシーラーはファンデーションのです。

メイク下地を塗ってからコンシーラーをのせ、

その後にファンデーションを塗ります。

リキッドまたはクリームファンデーション

コンシーラーはファンデーションのです。

メイク下地の次にファンデーションを塗って、

コンシーラーをのせます。

ルースパウダー(おしろい)を使う場合は

コンシーラーの後で。

まとめ

目の下のたるみによる黒クマを自分で治す方法イメージ

目の下の黒クマは

加齢によるお肌と筋肉の衰えや

マッサージやアイメイクを落とす時の摩擦、

紫外線ダメージなどが原因となって

お肌がたるんでできた凹凸の影です。

ですから、

目の下の黒クマを消すためには

お肌のハリと弾力を取り戻す必要があります。

そのために

衰えた目の周りの筋肉を鍛え、

減少したコラーゲンを増やす化粧品で

毎日こつこつケアをして

健康的な若々しいお肌を取り戻しましょう。

私がビーグレンのホワイトケアセットをお試しして

目の下のクマにも効果を感じた

お試しスタート時と9日後の

ビフォーアフター画像も参考にご覧ください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

ビーグレンのシミ消しお試しセット使ってみた私の画像つき口コミ