色素沈着による目の下の茶クマを自分で治す方法

色素沈着による目の下の茶クマを自分で治す方法

色素沈着による目の下の茶クマを自分で治す方法イメージ

どんよりとした暗い不健康な印象や

老けて見られる目の下のクマ。

十分な睡眠をとっても消えない…

と悩んでいる方はとても多いようですね。

それもそのはず、

昔は目の下のクマといえば

寝不足や疲れのサイン

と言われていましたが、

原因はそれだけではないからなんです。

しかも、目の下のクマには

・青クマ

・茶クマ

・黒クマ

という3つの種類があって

それぞれできる原因が異なり、

それぞれに合った改善方法で

ケアをしなくちゃダメなんです。

まず、

あなたの目の下のクマが

どのタイプのクマなのかを見分けましょう。

  青クマ 茶クマ 黒クマ
目の下のクマの種類と見分け方イメージ目の下を引っ張ると 薄くなる 変わらない 薄くなる
目の下のクマの種類と見分け方イメージ上を向くと 変わらない 変わらない 薄くなる
目の下のクマの種類と見分け方イメージファンデーションを塗ると 薄くなる 薄くなる 変わらない

この記事では、

茶クマを自力で消す方法をご紹介させていただきます。

黒クマの消し方はこちらの記事をどうぞ。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

目の下のたるみによる黒クマを自分で治す方法

茶クマの特徴

色素沈着による目の下の茶クマを自分で治す方法イメージ

目の下を軽く下に引っ張ったり

上を向いても

クマの色は変わらず、

ファンデーションを塗ると薄くなります。

茶クマができる原因

色素沈着による目の下の茶クマを自分で治す方法イメージ

茶クマの正体は

色素沈着角質肥厚で、

主な原因は

意識せずにやってしまっている

毎日の生活習慣なんです。

摩擦

お化粧をする時やクレンジングの時、

目がかゆい時など日常的に

目もとをゴシゴシこすっていて、

その摩擦でお肌が刺激されて

色素沈着をおこしてしまいます。

また、

お肌が刺激を受けると

角質の層を分厚く硬くして

細胞を守ろうと防御反応が働き、

色素沈着にこの角質肥厚が重なって

更に茶クマが濃く見えてしまいます。

アイメイクの洗い残し

マスカラやアイライン、

アイシャドウなどのアイメイクが

きちんと洗い落とせておらず、

その成分が酸化してお肌が刺激されて

色素沈着をおこしてしまいます。

残ったアイメイクそのものが

沈着するわけではないんですよ。

茶クマを悪化させないために

色素沈着による目の下の茶クマを自分で治す方法イメージ

知らず知らずのうちにやっているクセを

意識して断つのはなかなか難しいことですが、

まず茶クマができた

原因となることをやらないようにしましょう。

ゴシゴシこすらない

クレンジングや洗顔の時、

メイクや汚れがお肌に残らないようにと

ゴシゴシこすらないようにしましょう。

クレンジングはお肌に馴染みやすくなるように

手のひらで人肌ほどに温めて、

指先に力を入れずに優しく

顔に塗り広げましょう。

洗顔は、

一般的にモコモコの泡で洗い上げるのが

お肌にやさしいと認識されていますが、

少なからず摩擦が発生するのは事実です。 

顔に塗り広げるだけで

こすらず汚れを落とす吸着洗顔が

お肌にとって理想的ですね。

また、

アレルギーや花粉症で目がかゆくなった時は

何度もこすったり、強く叩いたりせず、

人工涙液でアレルゲンを流したり

冷たいタオルで冷やしたりすると

かゆみが和らぎますのでお試しくださいね。

メイクをきちんと落とす

お化粧はお肌を刺激しないように

優しくていねいに

洗い残しがないように落としましょう。

濃いめにメイクした時や

普通のクレンジングで落ちない時は、

アイメイク専用のリムーバーを

使うようにしてくださいね。

お化粧を落とした後に

アイメイクが残っていた場合は

再度クレンジングするのではなく、

綿棒にリムーバーを染み込ませて

優しくぬぐい取ってください。

茶クマを消す方法

色素沈着による目の下の茶クマを自分で治す方法イメージ

色素沈着が原因の茶クマは

シミやくすみを解消する方法と

同じケアが有効です。

しっかり保湿する

お肌の乾燥は新陳代謝を低下させ

茶クマができたり悪化する原因となるので

肌再生を促進させるために

保湿重視のスキンケアが重要になります。

美白有効成分がしっかり入った

保湿効果の高いスキンケア化粧品で

用法・用量を守って正しくケアしましょう。

おすすめの成分は

  • コラーゲン
  • スクワラン
  • ゲンチアナ根エキス
  • ヒアルロン酸
  • カミツレエキス
  • クズ根エキス
  • ビタミンC
  • 乳酸桿菌
  • ヒアルロン酸
  • カモミラエキス

などです。

お手入れの最後は

必ず保湿クリームで

お肌にフタをするように

潤いと美容成分を閉じ込めましょうね。

血行を促進する

血液の循環が悪くなると

皮膚細胞に酸素や栄養が届きづらくなって

肌組織の作り変えがうまくできなくなります。

つまり、

お肌のターンオーバーが乱れてしまうために

同時に老廃物の排出も鈍くなり、

色素沈着や角質肥厚が現れやすい状態になって

茶クマができやすくなるんです。

十分な酸素や栄養素がお肌に届けて

皮膚の生まれ変わりを促すために

血行を良くする必要があるというわけですね。

一番手っ取り早い方法は

蒸しタオルパックです。

血行が良くなるだけでなく

毛穴を広げて汚れを落としやすくする効果もあるので

洗顔前に行うといいですよ。

ダイエットなどで栄養バランスが偏ると

体の中の熱も下がってしまいますし

お肌のターンオーバーが乱れる原因にもなるので

バランスの良い食事

も心掛けてくださいね。

また、マッサージをすることも

血行促進につながりますので

こちらの記事も併せてお読みください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼
肌の黒ずみはマッサージで改善できる?

より早く茶クマを消したいなら

色素沈着による目の下の茶クマを自分で治す方法イメージ

茶クマの色素沈着した角質が

剥がれ落ちるまで待ちきれない!!

という方は、

茶クマ解消のサポートができる化粧品や医薬品を使って

お肌に直接アプローチしたり、

身体の中からケアするのも効果的ですよ。

美白化粧品でケアをする

沈着した色素を薄くする作用をもつ

「ハイドロキノン」が入った

美白化粧品でのケアをおすすめします。

メラニン色素はもともと無色透明なんですが、

紫外線や摩擦、ストレスなどの

刺激で発生する活性酸素と結びついて

酸化してしまって黒く変色するんです。

ハイドロキノンは

酸素と結びつこうとするチカラが強いので、

酸化して黒くなったメラニン色素から

酸素を引き剥がして

メラニンを元の無色の状態に戻してくれるんですよ。

専門医がシミ治療に使うほど

効果があるといわれる成分ですが、

肌への刺激が強いため

人によっては赤みや痛みの

副作用が出ることがあります。

初めてハイドロキノンを使う方や

お肌が敏感な方は安全のために

低濃度のものからお試しする方がよいでしょう。

私のおすすめは

国際特許をもつ浸透技術を使った

ビーグレンの

「QuSomeホワイトクリーム1.9」です。

浸透力の高いビーグレンのハイドロキノンは

たった1.9%の低濃度なのに

4%のものと同等の効果が得られるんです。

ビーグレンのホワイトケアセットを使った

私の口コミ記事もありますので併せてご覧ください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

ビーグレンのシミ消しお試しセット使ってみた私の画像つき口コミ

飲み薬でケアをする

メラニン色素の生成を抑制する作用や

肌細胞の酸化を防ぐ作用、

コラーゲンの生成を促す作用がある

「ビタミンC(アスコルビン酸)」

が入った飲み薬をおすすめします。

皮膚科でのシミ治療でも「シナール」という

ビタミンCの内服薬が処方されますが、

今はドラッグストアでも手軽に買える製品があります。

  • シナールイクシプレミアム
  • シナールイクシ
  • シナールLホワイト2
  • ハイチオールCプラス
  • ハイチオールCホワイティア

などですが、特におすすめなのは

ビタミンC含有量が多いシナール系です。

これらの製品はビタミンCの効果をアップさせる

「パントテン酸カルシウム」と「L-システイン」が

入っているので、一般的なビタミンCと比べて

効率よく有効成分を摂取できますよ。

皮膚科でよく出されるシミ治療の飲み薬で

「トラネキサム酸」というのもあり、

一般市販薬として

  • トランシーノII (第一三共ヘルスケア

という製品が販売されています。

私もトラネキサム酸を一時期服用していたのですが、

体がだるくなったり頭痛がするので

服用をストップしてしまいました。

トラネキサム酸は体質的に合わない方も多いようなので

服用する場合は体調の変化に気をつけて

飲むようにしてくださいね。

まとめ

色素沈着による目の下の茶クマを自分で治す方法イメージ

目の下の茶クマは

摩擦のしすぎやメイクの洗い残しが原因で

過剰に発生したメラニン色素が沈着したものです。

なので、

保湿と血行促進をしっかりすれば

皮膚の生まれ変わりがスムーズになって

色素沈着が自然に排出し、

茶クマを消すことができるでしょう。

また、

茶クマに直接アプローチしたいなら

ハイドロキノン入りのシミ消しクリームで

スキンケアを行なうのがオススメです。

ビタミンCの飲み薬でのケアも

併せて行なえば

より早い効果が期待できますよ。