ビーグレンの泡立てない吸着洗顔ってキレイに汚れが落ちるの?

 

インターネットの口コミで気になったビーグレン。

 

お試しセットを使ったみたいんだけど

クレンジングが付いていないし、

洗顔料も泡だてずに使う泥洗顔だけなんて

本当にメイクや皮脂汚れが落ちるのかな?…

と思っている方は多いのではないでしょうか。

 

そこで、ビーグレンのクレイウォッシュが

どんな仕組みで汚れを落とすのか、

特徴や効果的な使い方などをまとめましたので

よろしければ参考にしてください。

 

 

クレイウォッシュはどんな効果があるの?

ビーグレンの泡立てない吸着洗顔ってキレイに汚れが落ちるの?イメージ

 

ビーグレンのクレイウォッシュの最大の特徴は

商品名にある通り「クレイ=泥」です。

 

その辺りにあるただの泥ではなく、

稀少な天然の泥

モンモリロナイトが使われています。

 

モンモリロナイトとは、

大昔に海に沈んだ火山灰が

数千万年かけて海のミネラルをたくさん含み

熟成した鉱石を精製して純度を高めたもので、

直径わずか2ナノメートル(50万分の1ミリメートル)

という超微粒子の結晶体

 

ナノサイズの超微粒子なので

肌ざわりはなめらかで傷をつけることなく、

肌に必要ないものだけを見極めて

取り除く働きがあるのだそうです。

 

 今までとはちょっと違う「吸着泥洗顔」

 

このキャッチコピーの通り、

モンモリロナイトが入っている

クレイウォッシュには

他の洗顔料とは異なる

特別な3つのチカラが備わっています。

 

1. 汚れを吸着する

 

ビーグレンのクレイウォッシュは

泡立てずに使う吸着洗顔料。

 

モンモリロナイトの結晶は、

薄い板が何枚も重なった

ミルフィーユのような層でできています

 

電子顕微鏡でないと見ることができないほどの

超微粒子の結晶ですが、

層の一枚一枚を広げると

テニスコート3面分もの面積になるそうです。

 

また、結晶のひとつひとつが

マイナスイオンを帯びているため、

メイク汚れや皮脂、ニキビ菌など

プラスの性質を持っている不純物を

磁石のように引き寄せて

層と層の間にどんどん取り込んで洗い落します。

 

 

2. 有効成分を届ける

 

モンモリロナイトは

《+》成分を吸着するのと同時

自分が持っている《+》の成分を手放して交換する

イオン交換」という特性を持っています。

 

そのため、モンモリロナイトにあらかじめ

《+》の性質を持つ保湿剤や抗炎症剤などの

有効成分をたくさん結合させておき、

イオン交換の性質によって

その《+》の有効成分を肌に残し、

肌の汚れなど《+》の不純物を

どんどん吸着して排出します。

 

3. 肌を守る

 

モンモリロナイトには

イオン交換で肌に残った有効成分を逃さないように

被膜を作って閉じ込めるチカラがあります。

 

お肌の表面に薄いヴェールを張って

乾燥や刺激からお肌を守り、

肌のバリア機能を高めてくれるんですね。

 

少し余談ですが…

 

モンモリロナイトはミネラルや

微量元素(ミネラルの中でも

微量にしか存在しないもの)が摂取でき、

解毒能力を高めて整腸作用をもたらす

働きもあるため、

太古の昔から食用にもされていたそうです。

 

骨粗鬆症に悩まされたNASAの宇宙飛行士も

カルシウムだけではなく

他のミネラル栄養素や微量元素を

効率的に補給でき、

下痢、便秘、食中毒対策もできる

モンモリロナイトを食べているんですって。

 

食べても大丈夫、

むしろ身体にいいといわれる成分だから、

お肌にも安心して使えますよね。

 

 

知れば知るほど、モンモリロナイトってスゴい!!

 

もっとたくさんの方に知ってもらいたい、

使っていただきたい!!

 

と私は心からそう思っています。

 

クレイウォッシュには

モンモリロナイト以外にも

天然成分やお肌にやさしい有効成分が

ぎっしり21種類も入っているんです

 

ビーグレンクレイウォッシュ全成分イメージ

 

全21種の成分ひとつひとつの解説は

こちらにまとめました。

 

▼ ▼ ▼ ▼ ▼
ビーグレンクレイウォッシュの全成分20種を解説

 

 

クレイウォッシュの使い方

ビーグレンの泡立てない吸着洗顔ってキレイに汚れが落ちるの?イメージ

 

ビーグレンのクレイウォッシュは

モンモリロナイトが持つ

肌に必要な水分を残して

汚れだけを吸着して取り除く

性質を利用した泡立てない洗顔料

 

洗顔後にうるおい成分を逃さないように

被膜を作る働きがあり、

洗い上がりのお肌に何かが残った感触があるので

最初は誰もが戸惑うようです。

 

「洗顔料が落とせていないんじゃないの?」

「爽快感がなくて洗った気がしない」

と思ってゴシゴシこすったりするのは絶対NG!!

 

どんなに良い製品でも間違った使い方をすると

効果があらわれないどころか、

お肌に悪い影響が出ることもあるかもしれません。

 

クレイウォッシュの効果を

最大限に引き出す使い方をご紹介します。

 

クレイウォッシュの正しい使い方

ビーグレンクレイウォッシュの正しい使い方イメージ

 

  1. ぬるま湯で顔をぬらします。
  2. さくらんぼ大のクレイウォッシュを手にとり、両手を合わせて軽くなじませます。この時、泡立てる必要はありません。
  3. 顔全体をやさしくマッサージするように汚れとなじませます。ゴシゴシこすり過ぎないように注意してください。
  4. ぬるま湯で洗顔料が残らなくなるまで洗い流しましょう。

 

クレイウォッシュの効果的な使い方

 

ホットタオルで肌を柔らかくしてから

クレイウォッシュで洗顔をおこなってください。

 

洗顔前にホットタオルを30秒〜1分顔にあてると、

硬くなっている角質が柔らかくなって

顔の毛穴がひらきます。

 

毛穴がひらくことによって

余分な皮脂や汚れが毛穴につまりにくくなるため、

毛穴のつまりによるニキビを予防にも有効です。

 

 

泡立てなくって汚れは本当に落ちるの?

ビーグレンの泡立てない吸着洗顔ってキレイに汚れが落ちるの?イメージ

 

ビーグレンのクレイウォッシュは

泡立てずに使う洗顔料なので

「これで汚れがきちんと落ちているの?」

「何だか洗った気がしない」

と誰しも最初は戸惑うようです。

 

実は私もそうでした。

 

ビーグレンのクレイウォッシュを使った

私の感想も参考にどうぞ。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

ビーグレンのシミ用お試しセット使ってみた私の画像つき口コミ

 

洗顔料をモコモコに泡立て、

泡をころがすような気持ちで優しく汚れを落とす…

 

この一般的な方法で

これまで何十年も洗顔してきたのですが、

この「泡」がクセものなのだそうです。

 

その理由は…

泡を立たせている強い洗浄成分

「合成界面活性剤」が含まれている事が多く、

タンパク質を溶かす作用があるので

大切な細胞間脂質を溶かし

角質層を破壊してしまうのです。

 

そうすると、肌を守る機能が失われ

皮膚の水分が蒸発しやすくなり、

肌の乾燥を引き起こし、

トラブルが生じやすくなってしまいます。

 

 

ビーグレンのクレイウォッシュは、

泥に含まれるイオンの働きで

肌の汚れや古い角質、酸化した余分な皮脂を

磁石のように吸着して落とす洗顔料。

 

肌を刺激せず

必要な皮脂を残して

うるおいを閉じ込め、

正常な肌再生を促す効果があります

 

正しい洗顔方法できちんと汚れを取り除くことで

後に続くビーグレンの

ケア製品の効果を最大限に引き出し、

あらゆる肌悩みを改善する

ベースを作ることができるのです。

 

 

ビーグレンの洗顔料は

このクレイウォッシュだけしか販売されておらず、

肌悩み別に用意されている

8種類のトライアルセットには

全てこのクレイウォッシュが入っています。

 

という事は

  • シミ
  • 色素沈着
  • 目尻のしわ
  • 目元のくま
  • まぶたのたるみ
  • ほうれい線
  • 顔のたるみ
  • たるみ毛穴
  • くすみ
  • 顔のしわ
  • 眉間のしわ
  • 乾燥肌
  • 乾燥じわ
  • 首のしわ
  • 毛穴の開き
  • 毛穴の黒ずみ
  • テカリ
  • 角栓
  • ニキビ
  • ニキビ跡
  • クレーター など、

 

ほぼ全ての肌トラブルを改善するための

お肌の土台をつくることができる

洗顔料だと言う事ですよね。

 

シミやくすみに悩んでおられる方は

こちらも併せてご一読ください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

ビーグレンでシミが消えない!悪化した!!という口コミが心配な方へ

 

 

クレンジングしなくても本当に大丈夫?

ビーグレンの泡立てない吸着洗顔ってキレイに汚れが落ちるの?イメージ

 

ビーグレンのオフィシャルサイトには

「軽いメイクならクレイウォッシュの

2度洗いで落とせますよ」

という内容の記載があります。

 

お使いのクレイウォッシュは、吸着洗顔料です。ミネラルファンデーションやパウダーファンデーションなどの軽いメイク、またヌーディーヴェールであれば、クレイウォッシュの二度洗いで十分に落とせます。ところが、リキッドファンデーションやウォータープルーフの製品の使用、またアイメイクをしている場合はクレイウォッシュだけでは、全て落ち切れないことがあります。クレンジングおよび専用のリムーバーを使い、クレイウォッシュとのダブル洗顔をおすすめします。

出典:ビーグレン公式サイトより

 

ですが、

「きちんと落ちているのかな?」

不安になるならば

クレイウォッシュで洗顔をする前に

クレンジングで

お化粧を落としておいた方が良い

のではないかと私は思います。

 

2018年7月に発売された

ビーグレンのクレンジング

QuSomeナノオフクレンジング」は

界面活性剤が入っていますが、

ノニオン(非イオン)型のものなので

皮膚刺激がほとんどない

安全性の高い化粧落としです。

 

ナノオフクレンジングを買い足しても

コスト的にはクレイウォッシュで

2度洗いするのと大きな差はありません。

 

せっかくクレイウォッシュで優しく洗顔しても

界面活性剤がたくさん入った

オイルクレンジングを使っていたのでは

意味がなくなってしまいますので

同じ使うのならお肌にやさしい

ナノオフクレンジングをオススメします。

 

実際に私も一度クレンジングを使わず

クレイウォッシュの2度洗いで

済ませたこともあるのですが、

やはり何だか気持ち悪くて…

 

結局クレンジングからやり直して

トータル4回顔を洗ってしまった経験があります。

 

お試しセットにお値段据え置きで

クレンジングも追加していただきたいですよね。

 

 

最後に

ビーグレンの泡立てない吸着洗顔ってキレイに汚れが落ちるの?イメージ

 

美肌を保つためにスペシャルケアも大切ですが、

受け入れるお肌の土台が整っていないと

その効果もダウンしてしまいます。

 

洗顔は、お肌に溜まった汚れや皮脂を取り除き

美容成分を浸透させるためには必須のお手入れ。

 

つまり美肌作りのスタートとなる洗顔は

スキンケアの基本ということなんです。

 

 

肌を刺激せず、

必要な皮脂を残してうるおいを閉じ込め、

正常な肌再生を促す効果がある

ビーグレンのクレイウォッシュは

あらゆる肌悩みを改善する肌土を作ることができる

スキンケアの基本を押さえた

洗顔料だと言えるでしょう。