ビーグレンでシミが消えない人はコレをすれば効果が出る!!

ビーグレンでシミが消えない人はコレをすれば効果が出る!!

ビーグレンでシミが消えない人はコレをすれば効果アップ!!

「シミに効く」とネットでよく目にする

b.glenビーグレンの化粧品。

ビーグレンでホワイトケアをしている方の

口コミを見ると、お試しの一週間で

「シミが薄くなった」「肌が白くなった」

というレビューもあったりして

ウソっぽく感じるほど良い評価が多いですよね。

しかし、毎日しっかり肌のお手入れをしているのに

なかなかシミに効果があらわれない…

という方も複数おられます。

悪い口コミに関する記事も併せてご覧ください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1.9の悪い口コミの真相

せっかく時間をかけて選び抜き

奮発して買ったビーグレンなんですから

「私の肌には効かないのかも?」

と諦めないでください。

実はシミを消すにはスキンケアだけではなく

ライフスタイル全体を見直すことが大切なんです。

では

ビーグレンでシミを消すにはどうすればいいのか

具体的にまとめましたので

参考にしてください。

使用方法を守る

ビーグレンでシミが消えない人はコレをやったら効果アップ!!

ビーグレンの効果を感じられない方の多くが

正しい使い方が実践できていないことが

アンケートで分かったそうです。

化粧品を正しく使うことは

製品の効果を最大限に発揮させるために

とても重要なんですよ。

使用量通り使う

一回あたりの使用量が少ないと

効果を十分に発揮できず、

たくさん使ったからといって

効果が大きいわけでもありません。

重ね塗りしない

早くシミを消したいからと

ハイドロキノンクリームを1日に何度も

重ね塗りすると肌に負担をかけてしまいます。

日中に使っちゃいけない製品がある

ビタミンCは紫外線を吸収する性質があるため

Cセラムを朝に塗る場合は

しっかり日焼け止めを塗る必要があります。

また、ハイドロキノンは紫外線にあたると

毒性をもつ成分に変わる性質があるので

QuSomeホワイトクリームは

夜だけ塗るようにしましょう。

ビーグレンのハイドロキノンの副作用の記事も

よろしければご覧ください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

ビーグレンのハイドロキノンって副作用ある?

紫外線ケアをきちんとする

ビーグレンでシミが消えない人はコレをすれば効果アップ!!

シミの一番の原因は紫外線ダメージです。

季節やお天気に関係なく、

日の出から日没まで

紫外線は降り注いでいます。

春夏秋冬、雨でも曇っていても

日中は紫外線ケアが必要ということです。

冬の紫外線ケアが大切な理由を書いた記事も

どうぞ併せてお読みください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

シミ対策のケアは寒い時期こそ勝負

お肌に直接あたる紫外線だけならば

帽子や日傘、上着などで防ぐことはできます。

しかし、

地面に反射して浴びる紫外線や

空気中で散乱している紫外線、

窓ガラスを通って家の中に入る紫外線まで

ブロックしなければならないので

日焼け止めを塗るのが

最も有効な紫外線予防策だといえます。

また、日焼け止めは1度塗ったからといって

1日じゅう効果が続くわけではなく

2〜3時間おきに塗り直す方が良いそうで、

最低でも日中に1回は

必ず塗り直すようにしましょう。

肌に無駄な刺激を与えない

ビーグレンでシミが消えない人はコレをすれば効果アップ!!

クレンジングや洗顔の時、

メイクや汚れがお肌に残らないようにと

ゴシゴシこすっちゃダメです。

クレンジングはお肌に馴染みやすくなるように

手のひらで人肌ほどに温めて、

指先に力を入れずに優しく

顔に塗り広げましょう。

洗顔は、一般的にモコモコの泡で洗い上げるのが

お肌にやさしいと認識されていますが、

少なからず摩擦が発生するのは事実です。

ビーグレンのクレイウォッシュは

泡だてない吸着洗顔なので

肌に負担をかけずに優しく洗えるのですが、

物足りなくてゴシゴシやっちゃわないように

気をつけましょうね。

朝もきっちり洗顔をする

ビーグレンでシミが消えない人はコレをすれば効果アップ!!

前日の夜に塗ったハイドロキノンや

ビタミンCの成分がお肌に残ったまま

紫外線を浴びてしまうと

成分が変質してシミが悪化する原因になります。

化粧品の成分だけでなく、

寝ている間に顔にたまる汗や皮脂も

水洗いだけでは落ちにくいため、

寝起きの洗顔も洗顔料を使って

ぬるま湯で洗うようにしましょう。

十分な保湿をした後に潤いを閉じ込める

ビーグレンでシミが消えない人はコレをすれば効果アップ!!

お手入れの最後は必ず保湿クリームで

お肌にフタをするように

潤いと美容成分を閉じ込めましょう。

基礎化粧品を使う順番は

  1. クレイウォッシュ

  2. QuSomeローション

  3. Cセラム(なるべく夜のみ)

  4. QuSomeホワイトクリーム1.9(夜のみ)

  5. QuSomeモイスチャーリッチクリーム

ラインで使うことによって

製品それぞれの効果を引き出し、

さらに相乗効果が得られるように

処方設計されているので、

正しい順番でケアするようにしましょう。

洗顔後は成分が浸透がしやすくなっているので

刺激が強いハイドロキノンクリームは直接塗らず、

必ずローションでお肌を整えてから

使うようにしてくださいね。

質の良い睡眠をとる

ビーグレンでシミが消えない人はコレをすれば効果アップ!!

たくさん睡眠をとること以上に

眠りに入ってから最初の3時間に熟睡する

ことが重要だって知っていますか?

入眠〜3時間の間に「成長ホルモン」が

最もたくさん分泌されるからなのだそうです。

成長ホルモンとは、疲労の回復や

キズついた肌細胞の修復など重要な役割があって、

肌のターンオーバーを促すのに

必要不可欠な物質なんです。

早く寝なくちゃと思えば思うほど

余計に眠れなくなるものです。

早く寝付くためのコツも書いておきますね。

  • 食事は寝る3時間前までに摂る

  • お風呂はぬるめのお湯に入り、1時間前までに済ませる

  • 寝る前にカフェインは摂らない

  • 寝る直前にスマホやパソコンはしない

なかなか寝付けない方はぜひお試しください。

バランスの良い食生活をする

ビーグレンでシミが消えない人はコレをすれば効果アップ!!

「身体にいい」と言われている食べ物でも

そればかり食べていると栄養が偏りますので

さまざまな食材をまんべんなく

食べるようにしましょう。

特に、食事を抜いたり

特定の食品だけを食べるような

極端な食事制限をすると

体にとって必要な栄養まで摂取できなくなり、

肌荒れがおきたり

お肌のターンオーバが乱れたりするので、

シミが消えにくくなってしまうのです。

まず、毎日の食事を振り返る習慣をつけて

自分の食事パターンを知りましょう。

摂りすぎるものは控え、

足りないものは意識して摂るようにすれば

自然に食事バランスは整ってくるはずです。

適度な運動をする

ビーグレンでシミが消えない人はコレをすれば効果アップ!!

お肌の再生に必要な成長ホルモンは

適度な運動をすることでも分泌されるんです。

ウォーキングやヨガなどで

適度に体を動かして汗を流すと

老廃物が排出され、新陳代謝がアップします。

いきなり激しい運動を始めると

毎日続けることがストレスになってしまうので、

通勤やお買い物は早歩きするようにしたり、

エレベーターやエスカレーターは使わず

階段を利用するなど、

簡単な運動を習慣づけるようにしましょうね

喫煙・飲酒はひかえる

ビーグレンでシミが消えない人はコレをすれば効果アップ!!

タバコもお酒もお肌に悪い影響を与えます。

けれど、お仕事のおつきあいで避けられない方や

なかなかやめられない方もいらっしゃるでしょう。

美肌だけでなく、健康のためにも

タバコとお酒は量を控えるようにしましょうね。

喫煙によるお肌への害

タバコに含まれるニコチンには

血管を収縮させる作用があり、

お肌の血行不良をおこすため

新陳代謝が悪くなります。

また、タバコを吸うと体内に活性酸素が発生し、

その活性酸素を取り除くために

メラニン色素が大量につくられてしまいます。

さらに、コラーゲン生成に欠かせない

ビタミンCを破壊し、お肌を老化させるのです。

飲酒によるお肌への害

お酒をたくさん飲むと

アルコールを分解するために肝臓がフル回転し、

その負担によって活性酸素が大量に作られます。

そして、アルコールを摂ると「コルチゾール」という

ストレスホルモンを作ることを優先し、

女性ホルモンの分泌が減るため

肌の弾力も失ってしまいます。

また、アルコールには利尿作用があるうえに

体内でのアルコール分解に水分が必要なため

血液や細胞の水分が失われます。

ストレスをためない

ビーグレンでシミが消えない人はコレをすれば効果アップ!!

ヒトは、ストレスを感じると体内に活性酸素が増え、

その活性酸素を取り除くためにメラニンが生成されます。

「ストレス」とは、日常でおこる様々な変化によって

刺激を受けた時に生じる緊張状態のことをいいます。

ストレスの原因はネガティブなものだけでなく、

結婚や出産などの喜びも刺激となって

ストレスを引き起こす原因となります。

ストレスが溜まると

イライラして感情的になったり

精神的に不安定になる症状が一般的ですが

中には、手が震える方や

耳鳴りがする方、歯が痛くなる方もいます。

自分自身のストレスサインを知り、

自分に合ったストレス解消法で

早めにセルフケアをするように心がけましょう。

血行とリンパの流れを促進する

ビーグレンでシミが消えない人はコレをすれば効果アップ!!

マッサージをする

お肌を健やかに保つために必要な酸素や栄養素は、

血管を通って表皮に運ばれるため

血の流れをよくすることは

美肌を育てるのに必要不可欠。

マッサージをすることによって血行が促進され

肌細胞の生まれ変わりが円滑になるので

メラニンの排出も促されます。

また、毛細血管の赤みが戻って肌の血色がよく明るくなり、

コラーゲンの生成量も増加します。

リンパの流れに沿ったリンパマッサージは

新陳代謝が促進します。

体内でいらなくなった老廃物や余分な水分、

細菌やウイルスなどの排出をサポートしてくれます。

マッサージについてはこちらの記事で詳細をご覧ください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

肌の黒ずみはマッサージで改善できる?

洗顔前の蒸しタオルパック

洗顔前にホットタオルで蒸しパックをすることで

血行が良くなるだけでなく

毛穴を広げて汚れを落としやすくする効果もあります。

耳たぶの付け根あたりから

首筋や鎖骨まわりを温めると、

リンパの流れがよくなりますよ。

血流を良くする食べ物を摂る

血流を良くすることでリンパ液の流れも良くなります。

青魚、大豆製品、緑黄色野菜、脂身の少ない肉など

血液をサラサラにする食べ物を

積極的に摂るようにしましょう。

食材の例を一部挙げますと

  • 納豆
  • 豆腐
  • 玄米
  • 玉ねぎ
  • ニンジン
  • ゴボウ
  • トマト
  • サバ
  • イワシ
  • しょうが
  • にんにく
  • 唐辛子

などです。

血流が良くなるとお肌がキレイになるだけでなく

太りやすい体質が改善されたり

高血圧や不妊症、認知症、心筋梗塞・脳梗塞など

命に関わる病気のリスクまでも軽減されるそうですよ。

まとめ

ビーグレンでシミが消えない人はコレをすれば効果アップ!!

今のお肌の状態は、長年行なってきたスキンケアや

生活習慣があらわれたものです。

シミを消すには

毎日のスキンケアのやり方はもちろん、

生活習慣や食事、睡眠など様々なことを

改善しなければならないということですね。

なぜシミに効果がでないのか…

それは根本的な解決ができていないからです。

たとえレーザー治療をしたとしても

ここに挙げたことを行なわなければ

シミが再発すると言っても過言ではないでしょう。

要するに

レーザー、医薬品、化粧品など

アプローチする方法に関係なく

シミができやすい生活習慣を

断ち切らなければ

シミの無限ループが続く

ことになっちゃうんです。

この記事を参考になりましたら幸いです。

ビーグレンであなたのお悩みが解決できますように。