ビーグレンのビタミンC美容液は刺激が強い?

 

お肌に良い美容成分といえば

まず思い浮かぶビタミンC。

 

シミやニキビ、アンチエイジングなど

あらゆる肌悩みに効くとあって

ビーグレンのラインアップの中でも

高濃度ピュアビタミンC美容液「Cセラム」は

人気No.1アイテムです。

 

美肌効果を感じている方がたくさんいる一方で

「ピリピリする」「ひどく乾燥する」

という悪い口コミもあるので

買うのをためらっている方も

おられるのではないでしょうか?

 

そのような方のために

Cセラムにはどんな効果があるのか

使用感副作用など、

私感を中心にご紹介させていただきます。

 

 

Cセラムの効果

ビーグレンのビタミンC美容液は刺激が強い?イメージ

 

Cセラムは純粋なビタミンC(アスコルビン酸)

が配合されているので

ビタミンCそのものの効果が期待できるでしょう。

 

活性酸素を除去してシワやたるみを予防

紫外線やストレスなどによって体内に発生する活性酸素を除去し、シワやたるみなどの肌老化を予防します。

美白効果

メラニン色素の元になるチロシナーゼの生成を阻害してシミを予防する働きと、酸化して黒くなったメラニン色素を還元する(元の無色透明に戻す)できてしまったシミを薄くする働きがあります。

コラーゲンの生成を促してお肌のハリUP

コラーゲンを作り出すためにビタミンCは必要不可欠。強いコラーゲンを作りだし、その生成量を増やす働きがあります。

お肌の新陳代謝を促進する

お肌のターンオーバーを正常化し、キメの整った美しい肌を保ちます。

皮脂分泌を抑制

過剰に分泌される皮脂量を正常に整える働きがあり、毛穴の開きや黒ずみ、角栓の解消や、ニキビができにくくなります。

お肌にやさしい穏やかなピーリング作用

高濃度のピュアビタミンCは酸性寄りの成分のため、肌表面の古い角質をほんの少しだけ溶かす働きがあります。

 

Cセラムの全成分についてこちらにまとめました。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

ビーグレンCセラムの全成分6種を解説

 

Cセラムの使用感

ビーグレンのビタミンC美容液は刺激が強い?イメージ

 

直径2センチほどのCセラムを左手のひらに取り

その上に右手のひらをすり合わせると

じ〜んわり温かくなってきます。

 

これはCセラムに一番多く入っている

PG(プロピレングリコール)という成分の

皮膚に温感を与える作用によるものなんです。

 

温感そのものは、ほわっと感じる程度で、

お顔にのせると少し血行が良くなるような

赤みがさしてきますが、

カーッと熱くなったり

ヒリヒリしたりの症状はありません。

 

お肌のバリア機能が弱っている方

アレルギー体質の方などは

ごくまれに炎症や痛みや痒み

起きることがあるそうですが、

私は一年半使っていて

これまで刺激を感じたことは無かったです。

 

テクスチャーは

「サラッとしたオイル」という感じで

塗った直後は顔がテカテカしてしまいます。

 

Cセラムを使ってお肌がどう変わったか

ビーグレンのビタミンC美容液は刺激が強い?イメージ

 

お試しの時から一年半、

ホワイトケアセットをライン使いしているので

正直、Cセラム単品の効果というものは

よく分かりません。

 

ただ、明らかに大人ニキビができなくなり

開いていた毛穴が目立たなくなったのは

ピュアビタミンCが効いているのかな…

と思います。

 

また、

ホワイトケアセットの感想になってしまいますが

お試しの期間だけで

肌がふっくらとして

ほうれい線や目の下の黒クマが

目立たなくなったのには本当に驚きました。

 

その時の感想はこちらにまとめました。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

ビーグレンのシミ消しお試しセット使ってみた私の画像つき口コミ

 

ピュアビタミンCはビタミンC誘導体よりいいの?

ビーグレンのビタミンC美容液は刺激が強い?イメージ

 

化粧品によく配合されているビタミンC誘導体

ビタミンCに他の分子をつなげて

成分を安定化させたものです。

 

肌の奥に浸透しにくく

そのままお肌に塗ると刺激が強く

空気に触れると酸化しやすい不安定な性質をもつ

ビタミンCの問題点を解決するために

作られた成分です。

 

もう一方、CセラムのピュアビタミンC

皮脂に近い成分でできた

髪の毛の1/500サイズのカプセルに

高濃度のピュアビタミンCを詰め込んで

成分を安定させたまま

お肌の奥まで浸透させることができます。

 

薬物伝達システムの第一人者である

ブライアン・ケラー薬学博士が開発した

ビーグレン独自の浸透技術「QuSome®」を使い、

繊細なビタミンCを成分そのままの状態で

安定性・浸透力・濃度の高さの

3つのこだわりをクリアしたものです。

 

ビタミンC誘導体

お肌に吸収されてからシミに近い場所で

酵素反応してビタミンCに変化するため

ビタミンCに変換されるまで

数時間がかかります

 

ですがCセラムのピュアビタミンC

お肌に浸透する過程で

ナノカプセルが少しずつ溶け出し

シミの元に届くとすぐに効果を発揮するので

即効性が期待できるんです。

 

また、ビタミンC誘導体10%の化粧品と

ピュアビタミンC10%の化粧品を比較したところ、

ピュアビタミンC10%の方が

ビタミンCをたくさん含んでいるという

ロート製薬株式会社が算出したデータもあります。

 

化粧品表示名称分子量ビタミンC含有率
アスコルビン酸(ビタミンC)176.12(100%)
リン酸アスコルビル3Na(VC-PNa)322.0554.7%
リン酸アスコルビルMg(VC-PMg)289.5460.8%
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)1129.7615.6%
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)560.4631.4%

*SciFinderのデータをもとにロート製薬株式会社にて算出されたデータです。

出典:ロート製薬株式会社「スキンケア成分知識 ビタミンC」より

 

これまでビタミンC誘導体が入ったローションや

シートマスクを使ったことはありましたが、

「これがビタミンCの効果かぁ」

と感じるような変化を感じたことは無かったです。

 

けれど、ビーグレンのCセラムは

皮脂の量が減ってニキビができなくなり、

毛穴の黒ずみや開きも改善されました。

 

合わせて使うスキンケア用品や

配合濃度にもよるとは思いますが、

私の場合

お肌の状態が良くなったと実感できたのは

ビーグレンのピュアビタミンCだけだったので

それが使い続けている理由のひとつともいえます。

 

Cセラムでおきやすい副作用

ビーグレンのビタミンC美容液は刺激が強い?イメージ

 

Cセラムには

7.5%の高濃度のビタミンCが入っていて

成分的に酸性寄りになっているため

刺激が強めです。

 

お肌のバリア機能が弱っている方や

乾燥肌の方がCセラムを使用すると

肌トラブルがおきる可能性があります。

 

ピリピリと痛みを感じる

 

傷口にレモンやミカンの汁がつくと

しみて痛みを感じるように

ビタミンCはそのままお肌につけると

刺激を感じる成分です。

 

いくらナノカプセルに包まれているとはいえ

お肌内部に浸透していく過程で

少しずつ溶け出していくので

荒れて傷ついたお肌には

高濃度のビタミンCの刺激が強すぎるのですね。

 

お肌が乾燥する

 

ビタミンCは

皮脂の分泌を抑制する作用があるので、

もともと皮脂が少ない乾燥肌の方は

さらにお肌が乾燥してしまうことがあります。

 

お顔に使う前に必ずパッチテストを行い、

もしお肌に異常を感じたら一旦使うのをお休みして

お肌の様子をみるようにしてくださいね。

 

パッチテストのやり方はこちらの記事をどうぞ。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼
ビーグレンのハイドロキノンって副作用ある?

 

最後に

ビーグレンのビタミンC美容液は刺激が強い?イメージ

 

ビーグレンには肌悩みごとに

8種類のトライアルセットが用意されていて、

その全てに入っているCセラムは

あらゆる肌トラブルに対応できるアイテム

と言っても過言ではないでしょう。

 

ビーグレンの製品の中で一番人気があることや

一番売れているということは

多くの方に効果が認められている

証しだと思います。

 

 

ただ、お肌のバリア機能が弱っている方

乾燥肌の方がCセラムを使用すると

注意して使う必要のあるアイテムです。

 

あなたのお肌との相性さえ合えば

肌質改善のお役に立つはず!!

 

一度あなたのお肌に合うかお試ししてみませんか?

 

美白ケアセットを一年以上続けた結果を

まとめた記事はこちらです。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

ビーグレンのホワイトケアを1年以上続けた私の画像つき口コミ